FlexRAN

来るべき5Gネットワークの発展段階では、これまで以上にネットワーク通信にさらなる高帯域幅とLowレイテンシが要求されます。この一連の困難な要件の結果は、モバイルネットワークのエッジに益々多くの機能(従来はコア・ネットワークで処理された)が課せられます。これは、マルチアクセス・エッジ・コンピューティング(MEC)で定義される通りです。

FlexRAN (vRAN) は、より多機能、より低コストの無線アクセスネットワークを可能にしながら、信頼性や高可用性等の通信インフラの主要要件を維持します。専用デコード機能をアンテナに移し、コンピュート機能を仮想化することで、このRANは全く新たな方法で構築可能であり、より低コストでセル容量とカバレッジを向上することが可能です。実装の可能性が複数あるため多様な展開モデルが可能で、その全てがアーティセンMaxCore製品ファミリーに最適にフィットします。

ソリューション概要

CLOUD-RAN― より少ない投資でより多くを実現

C-RANは第4世代及び第5世代ネットワークのコントロールユニットとして機能します。5Gにおいては、ネットワークに保証された高帯域需要の短レイテンシ及び高速度を実現する意味で、さらに重要となります。当ソリューション概要は、純然たるサーバー・スレッドベース・ソリューションに比較してセル当たりコストが1/4ながら、より高密度かつ低消費電力を実現する高密度・高パフォーマンスC-RANの構築方法を解説しています。

ソリューション概要を表示


より低い設備投資と運用コストで貴社のvRANを構築

来るべき5Gネットワークの発展段階では、これまで以上にネットワーク通信にさらなる高帯域幅とLowレイテンシが要求されます。この一連の困難な要件の結果は、モバイルネットワークのエッジに益々多くの機能( 従来はコア・ネットワークで処理された)が課せられることです。当ソリューション概要は、従来の14基のサーバーに匹敵するセル数をわずか3-5Uでサポート可能なVRAN構築について解説しています。

ソリューション概要を表示

MaxCore

MEC Blog Postで事業者はどう稼げるのか?

パートナーズ

アーティセン・エンベデッドテクノロジーズ