FlexRAN

来るべき5Gネットワークの発展段階では、これまで以上にネットワーク通信にさらなる高帯域幅とLowレイテンシが要求されます。この一連の困難な要件の結果は、モバイルネットワークのエッジに益々多くの機能(従来はコア・ネットワークで処理された)が課せられます。これは、マルチアクセス・エッジ・コンピューティング(MEC)で定義される通りです。

FlexRAN (vRAN) は、より多機能、より低コストの無線アクセスネットワークを可能にしながら、信頼性や高可用性等の通信インフラの主要要件を維持します。専用デコード機能をアンテナに移し、コンピュート機能を仮想化することで、このRANは全く新たな方法で構築可能であり、より低コストでセル容量とカバレッジを向上することが可能です。実装の可能性が複数あるため多様な展開モデルが可能で、その全てがアーティセンMaxCore製品ファミリーに最適にフィットします。

MaxCore

MC1600 Extreme Edge Server

パートナーズ

アーティセン・エンベデッドテクノロジーズ