ATCA-7480QuadStar™ 40Gパケット処理/サーバブレード

ATCA-7480

ATCA 7480

アーティセン・エンべデッドテクノロジーズのATCA-7480ブレードは、2個のIntel® Xeon® E5-2600 v3ファミリープロセッサに基づき、ブレードあたり最大28プロセシングコアの最高のパフォーマンスクラスを実現しています。またDDR4 及びPCIe Gen 3プロトコルの採用で、メインメモリ及びI/Oへのデータパスが高度に最適化されています。最大512GB まで拡張可能なメモリ容量は、奥行きあるインメモリデータベースやルックアップ/ルーティングテーブルに理想的です。これはデータベースアクセスの応答時間を短縮し、パターンマッチを加速し、仮想化ネットワーク環境でのルーティング決定最適化に役立ちます。

コスト重視のアプリケーションでは、最大16のメモリDIMM活用能力によって、より低容量ながら満足いくメモリ容量を実現できます。

The ATCA-7480は、シェルフ・バックプレーンに接続する40Gイーサネット・4チャネルで構成された QuadStar™ インターフェースが特長です。システムインテグレータはアプリケーション帯域幅と可用性要件に応じて、異なる種類の冗長性及び非冗長性トポロジーを作成するチャネル組合せが選択できます。複数のATCA-7480ブレードを最大4つの40Gハブブレードと単一シェルフに統合することにより、アプリケーションは入手可能なハブブレードで高いデータフローレートを活用することができます。また外部ネットワーク接続性は、広範なI/Oネットワークのオプションでさらに向上可能です。ネットワーキングはIntel DPDKとの使用に最適化され、将来的なリリースにも対応する設計です。

アーティセンSDN/NFVソリューションのイネーブリング・ソフトウェアにより、ATCA-7480ブレードはIntel DPDK-加速化OpenVSwitch OpenFlow及びOpenStackプラグインをサポートし、コンピューティングプラットフォーム上の仮想化サービスを管理できます。このブレードはまた、通信ネットワークに必須の超高信頼性と高性能をNFVインフラで実現する、完全統合全機能ソフトウェアプラットフォームのウインドリバーCarrier Grade Communications Serverをサポートしています。

通信機器設計者とシステムインテグレータは、可能な限りインフラコストを削減するソリューションを模索しています。その場合、ラックユニットあたりの可能データ処理スループットの最大化が決定的要因です。より大量のデータのネットワークエレメントへの集約に伴い、ネットワーク内部及び機器との帯域幅が増大します。ATCA-7480は、この新たな性能クラスとネットワーク要件に適合する理想的なワークロードユニットです。クラス最高のコンピューティング性能と、最適化されたパケットスループットと高帯域ネットワークへの接続性を組み合わせた設計です。パケット処理、セキュリティ機能、NFV 環境と管理タスクを含む広範なアプリケーションを単一プラットフォームで可能にします。そのためターゲットアプリケーションの開発と統合の簡素化、最終製品のタイム・トゥ・マーケットの短縮に役立ちます。

貴社の製品選択をお手伝いします

  • Intel® Xeon® プロセッサX2、 E5-2600 v3 ファミリー
  • プロセッサあたり最大 14 コアのスケーラブルな性能領域
  • 最大 512GB メインメモリと DDR4、最高容量あるいはコスト効率の良いメモリに構成可能
  • 大容量オンボード・ソリッドステートストレージ
  • QuadStar™ 40G ファブリックインターフェースで、複数の帯域幅と冗長性オプションが可能
  • 活線挿抜対応可能なマスストレージ・オプション及び RAID 0/1 サポート
  • オープンソース及び商用の Linux 派生クラスに対応
  • Linux KVM 及び VMware を含む仮想化サポート
  • Intel DPDK レディ
  • NEBS 及び ETSI 準拠設計(構成による)

アーティセン・エンベデッドテクノロジーズ