ControlSafe® 車上用プラットフォーム

ControlSafe® Carborne Platform

SIL4 COTS 列車制御と鉄道信号保安用のフェイルセーフ/フォールトトレラントプラットフォーム

アーティセンのControlSafe®車上用プラットフォームは、低背型の冗長化 ControlSafe車上用コンピュータ(CCC)2基からなり、それぞれが共にコアな安全性、I/O、ControlSafe®コンピュータの可用性アーキテクチャとハードウェアを共有しています。ControlSafe® 車上用プラットフォームとControlSafe車上用コンピュータは、SIL4規格のプロセシングと I/Oを可能にし、或いは I/O拡張ボックス /プラットフォーム(アーティセンControlSafe®拡張ボックスプラットフォームのスケールダウン版)として機能します。このControlSafe車上用コンピュータシャーシは、低背型ながら高密度I/Oと DC入力を実現しています。ControlSafe車上用コンピュータは、最大 12基の I/Oモジュールと多様な I/Oタイプに対応可能です(近日発売のアーティセンUART及びデジタルI/Oモジュールを含む)。I/Oモジュールと電源をフロントアクセスでサポートする ControlSafe車上用プラットフォームは、オンボード或いは車上アプリケーションに最適化されています。さらに、DC電源の地上ソリューションのサポートも容易です。ControlSafe車上用プラットフォームは、冗長化アクティブ/スタンバイプラットフォーム(マスター又は拡張用として)として機能するよう設計されており、ハードウェア/ファームウェア・ダイレクトコネクトアルゴリズム(内部)ロジックで管理され、ControlSafeコンピュータと同じフェイルセーフ及び高可用性動作を提供します。またControlSafe車上プラットフォームは、シンプレックス構成でもSIL4認証です。

地上及び車上アプリケーションの両方に展開可能なControlSafeプラットフォームは、CAN、イーサネット、UARTデジタル入力/出力そして将来的なアナログ及びGPS/ワイヤレスモジュール等の広範なI/Oモジュールをサポートする設計で、ソリューション・インテグレータには新規導入とプロジェクトアップグレードのどちらの扱いも容易です。またアーティセンは、ユーザーの独自開発による特殊なI/Oソリューションへのサポートでもカスタマーに協力し、独自のアプリケーション要件にも対応します。

ControlSafe車上用プラットフォームは、鉄道用インフラのプロバイダやシステムインテグレータにとって、厳格なSIL4認証プロセスに伴う高いコストとリスクなしに、実質的にタイム・トゥ・マーケットの大幅な加速を可能にできるコスト効率の高い方法です。

世界で最も信頼される認証機関1つTÜV SÜDにより、信頼性、可用性、保守性、安全性(RAMS)の全プロセスがEN50126に、安全性関連の全ソフトウェアがEN50128に、ハードウェアがEN50129に認証済みのアーティセンControlSafeプラットフォームなら、SIL4安全度水準のアプリケーション環境に展開し、鉄道インフラへの投資を保護することが可能です。

ControlSafe™ cIOU-CAN モジュール ControlSafe™ cIOU-DIO モジュール ControlSafe™ cIOU-UART モジュール

貴社の製品選択をお手伝いします

  • SIL4規格に準拠する設計の、高度にインテグレートされたCOTS保安プラットフォーム
  • 車上及び地上アプリケーションの両方に最適な、コンパクトかつ多機能なプラットフォーム
  • 共通のControlSafe 安全アーキテクチャにより、ソリューション選択の柔軟性が増大
  • シックス・ナイン(99.9999%)のプラットフォーム・ハードウェア可用性を提供する設計
  • 新規導入、プロジェクトアップグレードの双方を可能にする、モジュラーでスケーラブルなソリューション
  • 革新的なデータ・ロックステップ・アーキテクチャにより、シームレスなアップグレード
  • ハードウェアベースの多数決メカニズムがアプリケーションソフトウェアを透明化
  • IEC 61373及びEN 50155規格準拠の堅牢設計
  • 15年の製品寿命、25年のサポートとサービス
  • グローバルなサービス体制によるサポート

アーティセン・エンベデッドテクノロジーズ

Corporate website design by Freshleaf Media