システムサービスフレームワーク (SSF)システム管理ソフトウェアとフレームワーク

System Services Framework (SSF)

システムサービスフレームワーク(SSF)は、AdvancedTCA® (ATCA®)シェルフの単一或いは複雑なマルチシステムにおいて、ソフトウェア/ハードウェアコンポーネントを構成、監視するための集中管理システムです。SSFは、通信セントラルオフィスとネットワークデータセンター環境双方のニーズに適合するよう設計された、アーティセン・エンべデッドテクノロジーズの 2-スロット, 6-スロット and 14-スロット のアプリケーションレディなCentellis™ ATCAシステム製品レンジとの使用に最適化されています。SSFが新しく実現したのは、ATCAシステム用にそのまま使えるパラダイムで、さらにネットワークエレメント設計のタイム・トゥ・マーケットを短縮し、インフィールドシステムでの運用を簡易化します。

SSFは、アーティセンのATCAペイロード及びスイッチカード用に開発されたライセンスのインサービス/アウトオブサービス診断スイート、アーティセンViewCheck™ ソフトウェアに容易にアクセスできます。ViewCheck™ はより広範なシステム管理ポリシーの一部として、ATCA ブレードの診断と監視に使用できます。ViewCheck の診断ユーティリティは、ブレードの問題を識別し、検出し、特定する助けとなります。ViewCheckはまた、ストレージデバイス、イーサネットカウンター/エラーの状態の監視メカニズムを備えています。

貴社の製品選択をお手伝いします

  • シンプルな同一インターフェースで、開発、デプロイ、インフィールド動作を通して、コンプレックスシステムの全コンポーネントを管理
  • 顧客ハードウェアとソフトウェアサービスの統合を簡易化
  • そのまま使えるシステム管理機能で、ネットワークエレメントのタイム・トゥ・マーケットを最大40%削減 リッチ・管理インターフェースでGUI、又はCLI/XML/SNMPを介して顧客の既存オペレーション/マネジメントプラットフォームと容易に統合
  • プラットフォーム管理のあらゆる面に安全なアクセス、コンポーネントの提示からデプロイ、動作、EOLまで製品開発のフルライフサイクルに関係
  • 顧客は一般的、標準的管理でなく、付加価値アプリケーションに注力可能

アーティセン・エンベデッドテクノロジーズ