主なトレンド&アプリケーション

ビデオトランスコーディングとブロードキャストの主なトレンド。アーティセンの技術は、ブロードキャスト、ネットワーキング、クラウド機器及びサービスのプロバイダが、高密度ホスト型または仮想化マルチスクリーンビデオインフラをシームレスにサポートすることを可能にします。

キートレンド

  • コンテンツサービスプロバイダは、ストリーミング放送を直接視聴者に提供している。

  • マルチスクリーンビデオ利用とソーシャルシェアリングにより、ネットワークのビデオ帯域の消費が増加している。

  • ビデオオンデマンドが、コンテンツ配信ネットワークの負担となっている。

  • UHD 4K、8K、新コーデック (例、HEVC)などのより高い解像度が技術変化を促進している。

  • 事業者は、標準サーバで動作するクラウドベースのホスト型アプリケーションを好んでいる。

  • OTTコンテンツとカスタマー体験の質が、サービスプロバイダに重要である。

  • 設備投資と運用コストの削減がサービスプロバイダに重要である。

 

アプリケーション

アーティセンの技術は、放送、ネットワーク、クラウド機器及びサービスプロバイダに高密度のホスト型あるいは仮想化マルチスクリーンビデオインフラをサポートする機器開発と、クラウドへの移行を容易にします。事業者は、またネットワークでのOTTビデオのコスト削減と収益性向上、そしてWebRTC 及び VoLTEを含むリアルタイム通信の効率向上が可能です。当社製品は、次のようなビデオトランスコーディングと放送アプリケーションで使用されています:

  • OTTビデオコンテンツの最適化(トランスコードとトランスレート)

  • プロダクション送出サーバ

  • 一次送出ヘッドエンド

  • ネットワークPVR

  • セッションボーダーコントローラ(音声又はビデオトランスコード付加)

  • メディアゲートウェイ

  • メディアサーバ/メディアリソースファンクション

  • ビデオ通信サーバ

  • 双方向音声及びビデオ応答システム