植物育成用照明システムへの電力供給

植物育成用照明の高圧ナトリウム(HPS)ランプからLED装置への転換は、LEDの消費電力の低さと、栽培者が作物の時期と品質を管理するスペクトル出力を制御できることが主な原動力になっています。植物育成用LED照明への給電についての当社のホワイトペーパーをお読みになり、アーティセンの植物育成用LED電源の製品範囲を詳しくお知りになるか、製品情報に直接お進み下さい。

当社の植物育成用LED照明の電源は、貴社の電力消費、導入費用、設備の冷却費用の最小化を目標にしています。当社が提供する高出力 (600 Wからメガワットまで)のオプション範囲は、伝導冷却/IP保護等級の単一LEDドライバから、垂直農場や倉庫利用の大規模栽培センターに理想的な大規模外部分散システムまでを網羅しています。

Introduction

Details

Customer Story - White Angel Farms

Products

伝導冷却型

  • ファンレス駆動とIP64保護等級筐体
  • -40 ~ 85°Cにおいて250Wのフル出力
  • 医療及びITE規格承認

大容量電源

  • 250W ~ 24,000Wの低出力から高出力電源モデル
  • 多数のデジタル制御PMBus互換モデル
  • 広範な安全規格に準拠し、多様なアプリケーションに対応

iHPシリーズ

  • マルチ出力モジュラー高精度高出力システム
  • 標準19"ラック
  • 並列接続で出力最大1600 A